Kit_A ( a.k.a. KITA YOSHIKI )

Roadcone with ....

 ロードコーンは、人間が係る場所に置かれます。それは、これから作られていく場所だったり、人がすごく集まる場所だったり、人の手に触れてほしくない場だったり…。人がいる場所、いた場所を証明するものの一つとも言えるでしょう。 また、本来は道路標識と同様に「注意喚起」などのために使われる物ですが、その形状の愛らしさからいろいろな使われ方をもしています。


※札幌国際芸術祭(2014.07.19〜09.28)の期間、その風景、係る人々をロードコーンと一緒に撮影、その様子を紹介するページとして作成したのがはじまりです。

2015年7月31日金曜日

マイナスアート

 明日からいよいよ「帯広コンテンポラリーアート2015〜マイナスアート展」が開催されます。
 「帯広コンテンポラリーアート実行委員会」のメンバーが中心となり、全国から50名以上の作家の作品が「十勝サロンANNEX(旧ホテルみのや)」「帯広駅前多目的広場」に展示されます。



 わたしの作品は、「旧ホテルみのや」の5階(エレベーターが動かないのでちょっと辛い)の502号室です。
 ホテルで使われていた古いテレビを10台ほど集めました。その内7台に帯広市内で撮影した「ロードコーン」の映像を映します。それぞれすべて違う映像です。じっくり、ご覧ください。



 8月1日(土)オープニング
 13:00「アーチストトーク」
 17:00「オープニングパーティ」
 (それぞれ十勝サロンANNEX(旧ホテルみのや))。
 
 8月2日(日)
 「ワークショップ」(駅北多目的広場)
 「舞踏(田仲ハル・トマツタカヒロ)」(十勝サロンANNEX(旧ホテルみのや))
 (※詳しくはwebページをご覧ください。)



 一ヶ月のロングランの展示です。帯広方面に向かう方は是非お立ち寄りください。



 

 Webページ

 帯広コンテンポラリーFacebookページ

 開催期間:2015年8月1日(土)〜 8月30日(日)(10:00〜18:00入場は17:30まで)
 会場:十勝サロンANNEX(旧ホテルみのや)、帯広駅前多目的広場
 主催:帯広コンテンポラリーアート実行委員会





マイナスアート展WebPage内『Kit_Aページ』

『Roadcone with…』Facebookページ




 

 

 

2015年7月20日月曜日

帯広コーン

 先日帯広を歩き「ロードコーン」を撮影してきました。撮影してきたポイントをジオタグを利用してマップにしたのが下のものです。
今回「ロードコーン」を撮影した場所です。






























 来月からはじまる「マイナスアート展」に出展する作品のためです。
 帯広駅から歩いて数分の旧「ホテルみのや」(現在は「十勝サロンANNEX」)が会場です。
 「旧」とあるのは、2年前に廃業し現在使われていないホテルなのです。
 何か出そうで、実に制作意欲をそそられる場所です。

 帯広コンテンポラリーアートは毎年意欲的に様々な場所で展覧会を開いています。今回は廃ホテルを舞台に50名以上の作家が集まり展示いたします。私も初参加ですが楽しんで制作いたしております。
 是非、この夏のご予定に加えて下さい。

 また、webページも充実した内容で、詳しい内容は以下のリンクからご覧ください。
 作家紹介なども数多くの写真を見ることができるようになっています。


























開催期間:2015年8月1日(土)〜 8月30日(日)
会場:十勝サロンANNEX(旧ホテルみのや)
   帯広駅前多目的広場
主催:帯広コンテンポラリーアート実行委員会