Kit_A ( a.k.a. KITA YOSHIKI )

Roadcone with ....

 ロードコーンは、人間が係る場所に置かれます。それは、これから作られていく場所だったり、人がすごく集まる場所だったり、人の手に触れてほしくない場だったり…。人がいる場所、いた場所を証明するものの一つとも言えるでしょう。 また、本来は道路標識と同様に「注意喚起」などのために使われる物ですが、その形状の愛らしさからいろいろな使われ方をもしています。


※札幌国際芸術祭(2014.07.19〜09.28)の期間、その風景、係る人々をロードコーンと一緒に撮影、その様子を紹介するページとして作成したのがはじまりです。

2016年3月5日土曜日

JRタワーART-BOX「Around the Roadcones」

 本日から、札幌駅のJRタワーART-BOXにて展示が始まりました。

 今回の作品は「Around the Roadcones」と名付けました。
 普段から撮りためたローコーンの写真を利用したビデオインスタレーションで、この一年間、札幌市内で撮った写真約4000枚ほどで制作したものです。二点のビデオが主な構成要素で、それぞれ撮った写真を重ね合わせるだけでつくったものです。一点が時間上で、もう片方はレイヤー上で重ねたものです。ともに5分弱の映像です。

 展示中には、後ろを通りかかる女子高生から「何あれ?カラーコーンの一生?みたいな?」というお褒めの言葉を早速いただきました(笑)。

 展示期間は5月末までのロングランです。
 場所は、札幌駅構内の東改札口のそばになります。
 ぜひとも、お気軽にご覧ください。



 Kit_A 「Around the Roadcones」

  ■会期 / 2016年3月5日(土)〜5月31日(火)
   08:00〜22:00(※最終日は20:00まで)
  ■場所 / JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
  ■お問い合わせ /  JRタワー文化事業部 011-209-5075(平日)